社会の隅っこから

アスペで躁鬱で神経質な私の思うこと。

本・漫画

読書の冬

ここ数日、コンスタントに読書をしています。 とはいっても新しい本ではなく、何度も読んだ本の読み返しです。速読が得意なので、あっという間に読めます。 レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳「さよなら、愛しい人」「大いなる眠り」 村上春樹「1973…

村上春樹の楽しみ方

私は村上春樹の本がわりに好きです。 ハルキストというほどの熱狂的なファンではありませんが、長編は全部、短編もほぼすべて読んでいます。 今回は新作が発売されたこともあるので、”私の”村上春樹の楽しみ方について書いていきたいと思います。 まず私の読…

3月のライオンと”悪”

私は「3月のライオン」が好きで、全巻持ってもいるのですが、最近の展開にはちょっと疑問があります。 なのでこの記事はわりに批判的なものです。それでもいい、という方は読んでください。 知らない人のために少し説明しておくと、「3月のライオン」は羽…

グレート・ギャツビーの魅力

一応ブログのカテゴリーを読書にしてしまったのもあるので、今回はフィッツジェラルド著村上春樹訳「グレート・ギャツビー」について書きたいと思います。 ※ネタバレ注意、小説の文章をそのまま載せているところがあります この本は時代的にいうと、アメリカ…