社会の隅っこから

アスペで躁鬱で神経質な私の思うこと。

読書の冬

ここ数日、コンスタントに読書をしています。

とはいっても新しい本ではなく、何度も読んだ本の読み返しです。速読が得意なので、あっという間に読めます。

 

レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳「さよなら、愛しい人」「大いなる眠り」

村上春樹「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険

マーク・ストランド 村上春樹訳「犬の人生」

カズオイシグロ「忘れられた巨人」

 

このへんを読んだのですが、ほとんど村上春樹ですね(笑)

村上春樹の小説よりも、彼が翻訳した本が好きです。昔は海外小説はわかりにくいと感じていてそれほど好きではなかったんですけど、今は逆に魅力を感じます。

 

この中だと、「さよなら、愛しい人」が一番好きでしょうか。

村上春樹訳で出ているマーロウシリーズは全部読んでいるのですが、ストーリーをすぐ忘れちゃうところが読み返したい派には良いです。登場人物が多いので、これ誰だっけ?となることも多いですが、文章が素敵で、最後までしっかり惹きつけられます。

 

あとは漫画ですが、「ポーの一族」を初めて読みました。

一週目はストーリーを把握するのが大変で、あまり面白いと思えませんでしたが、二週目はなかなか楽しめてます。ちょっと絵が古くて読みにくいですけど。

もう少しじっくり内容を反芻したら、感想を書きたいと思います。

 

話は変わりますが、相変わらず不眠です。眠れない夜の眠らないブログ。

どうしたもんですかねー。原因らしきものは特定できてるんですけど、あまりに下らないので書けないです。

自分について考えるキッカケがあった、ただそれだけです。

 

双極性障がいが落ち着いて2年以上経過して、少しずつ傷は癒えてきたように感じます。(強制入院手前まで精神崩壊したので、けっこう傷ついたんですよ^^;)

前に進みたい気持ちが出てきたことで、葛藤が生まれてるんです。周囲は、私が行動力を起こしたら躁状態を疑うから(一度ですが、そのようなことを言われました)。

そして自分でも問いかけてしまいます。「自分が今、病的な状態か判断できるの?今まで一度も自覚できなかったのに。あなたの認識なんて信頼に及ばないの、行動なんてしていいの?」と。

 

そういうのって、何ですかね・・・悲しいと思います。

何でそんなことを考えなくてはならないのでしょう。もう手放しで楽しめるような、充実した日々は、帰ってこないのでしょうか。

 

最近、読書や音楽でけっこう感動してる自分がいるのですが、そういう感覚は軽い躁状態の特徴としてあったので、どこか心配なんです。寝不足で普通にだるいので大丈夫だと思うんですけど・・・(躁状態だと寝不足でも疲れません)。

 

とりあえず、そろそろ布団に入ります。